転職のコツ

転職の面接で聞かれる質問を事前に把握する方法

転職面接で事前に 質問を調べる方法

「書類選考通ったけど、面接でどんな質問されるか不安」
「聞かれる質問がある程度わかったらいいのにな~」

転職活動をしている方なら一度は思ったことがあるはず。

そこで、この記事では受けたい企業の面接で聞かれそうな質問を調べる方法を3つ紹介します。
私はここで紹介する3つの方法を駆使して、事前に聞かれそうな質問を想定し、入念に準備してから面接に臨みました。その結果、3社から内定をもらうことができました。

この記事を読めば、受けたい企業の質問で聞かれる質問を事前に予測することができます。

 

方法1:転職エージェントを活用する

受けたい企業の面接情報をピンポイントで知るには転職エージェントに聞くのが1番です。

転職エージェント経由で応募し、書類選考に通過すると面接に関する情報を教えてくれます。過去に聞かれた質問だけでなく、面接時間、面接官の人数など面接の詳細も教えてくれます。

さらに、転職エージェントは、あなたが受けたいと思っている会社の面接を過去に受けた人から面接の情報をもらっています。
そのため、面接で聞かれた質問や求める人材だけでなく、あなたの経験を企業にどうアピールしたら良いかまで、事細かにアドバイスしてくれます。

以上のことから、転職エージェントを活用することが、自分の受けたい企業の面接情報を知るのに1番信憑性が高く、オススメです。

ちなみに私は次の転職エージェントを活用していました。

各エージェントサービスのメリット・デメリットは次の記事をご覧ください。私が実際に使用して感じたことを書いています。

パソナ
パソナのメリット・デメリット
パソナキャリアを使った率直な感想【良い点・悪い点教えます】

続きを見る

doda
dodaのメリット・デメリット
公務員におすすめの転職エージェント【doda】の評判と実際に使った感想

続きを見る

 

方法2:口コミサイトから情報を得る

転職に関する口コミサイトは数多くありますが、面接に関する情報が書かれた口コミサイトは意外と少ないです。

ここでは、面接に関する情報がある口コミサイトを3つ紹介します。これらに登録すれば面接に関する情報を閲覧することができます。

閲覧する際に注意すべき点がありますが、それは後述します!

 

転職会議

転職会議

運営会社:株式会社リブセンス
URL:https://jobtalk.jp/

転職会議の特徴
・口コミ登録社数17万社以上、国内最大級の300万件以上の口コミ
・年収、社風、やりがいなど働く上で重要となる口コミが多い
・大手転職サイトと提携しているため、多角的な求人検索が可能

 

JobQ

JobQ

運営会社:株式会社ライボ
URL:https://job-q.me/

JobQの特徴
・Q&A形式であるため、知りたい情報をピンポイントに知れる
・質問解決率は90%以上
・匿名で相談できるため信憑性が高い情報が得られる

 

キャリコネ

キャリコネ

運営会社:株式会社グローバルウェイ
URL:https://careerconnection.jp/

キャリコネの特徴
・登録企業数62万社以上
・面接に関するアドバイスの記載がある
・会員登録するだけで閲覧可能

転職会議は情報を閲覧するためには、口コミを投稿するか、課金(税別980円)する必要があります。また、どちらにしても39日間しか情報を閲覧できません。閲覧期間を過ぎると、再度口コミを投稿するか、課金をしないと情報を閲覧できません。

JobQはQA方式のため、面接に関する質問がない場合もあります。また、自分で質問したとしても回答がすぐ返ってくるとは限りません。

よって、転職口コミサイトで面接の情報を得たい場合は、キャリコネをオススメします。

キャリコネは会員登録すれば無料で面接に関する情報を見ることが出来ます。また、実際に面接を受けた投稿者からの面接に関するアドバイスが記載されており、非常に参考になります。

面接に関する口コミが少なかったり、なかったりする口コミサイトは今回紹介しませんでした。他にどんな口コミサイトがあるか気になる方は「転職 口コミサイト」と検索してみてください。

ちなみに私は次の口コミサイトも使っていました。これらのサイトは情報量が多く、情報を手に入れやすかったためよく活用していました。

openwork➡他サイトより口コミが長く情報量が多い
ライトハウス(旧:カイシャの評判)➡利用者が勧めたいサイト No.1

口コミサイトを信じすぎるのは禁物です。参考程度にしましょう。

 

方法3:エージェントのインタビュー記事を探す

「転職 面接 質問」で検索すると、「転職面接で必ず聞かれる質問」「よく聞かれる質問20選」などがヒットすると思います。
これらも参考になりますが、自分の受けたい企業の面接情報をピンポイントに知ることはできません。

自分の受けたい企業の面接情報を知るためには自分の受けたい企業名をキーワードにしてひたすら検索します。

検索キーワード

「〇〇(受けたい会社名) 面接 質問」
「〇〇 転職 質問」
「〇〇 転職 インタビュー」など

検索すると、エージェントが企業の採用担当や内定者にインタビューした記事が見つかることがあります。
インタビュー記事では、採用担当者が面接で必ず聞く質問や転職希望者が聞かれた質問のほか、企業の求める人材や面接の雰囲気も知ることができます。

さらに、記事を見つけただけで終わりにせず、インタビューしたエージェントにアポを取って、面接のことを詳しく教えてもらいます。
私も自分が受けたい企業に関する記事を見つけては、インタビューを担当したエージェントに連絡して、過去に面接で聞かれた質問のほか、採用する背景や企業の雰囲気を教えてもらいました。

エージェントが企業担当者や内定者にインタビューしたサイトをいくつか貼っておきますので参考にしてください。

同業他社の面接情報も参考になるので、読んでおいて損はないです!

 

まとめ|情報は過信しないことが大切

この記事では、受けたい企業の面接で聞かれる質問を把握する方法を紹介してきました。

面接の情報を知ることは転職を有利に進めるために必要なことです。
私は今回紹介した方法で、自分の受けたい企業の面接情報を把握していました。

しかしながら、面接の情報を含めて、外部から得られた情報は決して過信せず、あくまで参考程度にすべきです。

なぜなら、面接官はあなたの経歴を見て、うちの会社でやっていけるかどうか判断するために面接で質問するからです。よって、過去の内定者と全く同じ質問をしてくる可能性は低いです。

もちろん面接で絶対に聞く質問を設けている企業もあります。
ですが、面接官はあなたのことを知りたいと思っているので、絶対に同じ質問が来るはずだ!と思い込まずに、得た情報を元に自分にはどんな質問が来るか予想することが大切です!

    -転職のコツ

    © 2022 りょうブログ Powered by AFFINGER5